KENYU/ケンユーブログ

音楽と心をテーマに活動しているKENYU/ケンユーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

弾語り教室

 弾語り教室で教えていると、いろいろと気がつくことがあります。
今日、ある生徒さんが、ユーミンの「守ってあげたい」を練習していました。
実はこの曲けっこう曲(くせ)者。さび前の「夢をつかまえてね♪」がなかなか難しいシンコペーション(裏拍アクセント)の嵐!
この曲、ピアノを弾きながら歌うのは実は難しいことが判明。

僕は、もう何十年もそんなことばっかりやっているので、当たり前のように演奏し歌っているのだが、思えば最初は、ぼくもできなかったノはず。(あんまり憶えていないノ(^^;)

もう少し高度だけれど、その辺の練習で、しっかり憶えているのは、ジョージベンソンの「マスカレード」のギターソロをピアノでコピーしていて、16分音符の3拍フレーズ「ントゥルッ、トゥルッ、トゥルッ~」というやつ。正確に弾くのが難しくって随分練習したなあ。ノもう30年も前のことでした(^^;

少年老い易く学成り難し、とは良く言ったもの。
死ぬまで頑張っても、とうてい届かない程、音楽の道は遠く果てしない。
まあ、死ぬまでに、どれだけ先まで行けるかノ。少しずつ進むだけです。

写真はうちのピアノです。
北海道の実家にあるピアノと同じ年式のヤマハ。

中古で見つけて(これは奇跡でしょう)迷わず購入。エゾマツを使っているので、重いが音がよいのです。共鳴板はもちろん単板(今はほとんど合板)
小さい頃、泣きながらピアノを練習したこと思い出します。(T T)
もう40年も前のことです。

そして、なんとか、ここまでこれたことに感謝(^^)

20070904112544.jpg


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。