KENYU/ケンユーブログ

音楽と心をテーマに活動しているKENYU/ケンユーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スピコンライブ完了。感謝!

*
昨日スピコンのライブが完了しました。
久しぶりの東京スピコンでした。
ありがたいことに会場はお客さんでいっぱいでした。
スピコンということで、スピリチュアルコアなテーマでやろうかと思ったのですが、なんとなく、心の問題をテーマにした曲を多く演奏しました。
みなさん熱心に聞いてくれました。
ほんとうに感謝です。

それぞれの人生にそれぞれのテーマがあります。
それをひも解くきっかけに、もしなったとしたら、そんな光栄なことはありません。

今回ははじめて「聖フランチェスコの祈り」を歌いました。
映画「ブラザーサン・シスタームーン」の中でも歌われていたお祈りです。
前日に突然歌おうと思い立ち練習しました。
歌ってみると、けっこうむずかしいメロディでした。
しかし、なにか、フランチェスコがサポートしてくれたような気がしました。(妄想か(^^;)
とっても、気に行ってるので、また機会があったら歌おうと思います。

今回サポートしてくれたみなさんありがとう。
見に来てくれたみなさんほんとうにありがとう。
(^^)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「ブラザーサン・シスタームーン」

映画「ブラザーサン・シスタームーン」を見ました。
1973年の作品で、見たいと思いながら34年越しでやっと見ることができました。
これは当時結構話題になった映画で、5、6年前にレンタルビデオで探したら廃盤と言われ諦めていました。
しかし最近DVDになって再版されたようです。
僕にとっては、この時期に見ることに意味があったようです。

この映画は聖フランチェスコの物語りです。
アッシジの名家に生まれたフランチェスコが、家も名誉も捨て、着ていた衣服もすべて父親に返して、裸で野にでるのでした。
そして、たったひとりで荒れ果てた教会を建て直してゆきます。

真冬の雪の中、崩れ落ちた教会で、ひとり裸足で石を積んでいきます。
今日の糧さえ分からないのに、神を信じ、ただ祈り生きて行きます。
ただ信仰のみがそれを支えているのです。

彼の姿に心打たれ、少しづつ仲間が増えて行きます。
やがて再建された教会に、たくさんの人々が訪れるのでした。

小鳥たちのように、神の恵みの中に、ただ質素に生きること。
聖フランチェスコの祈りはとても心にしみます。


映画はとても象徴的で示唆的でした。
そして、とても深いメッセージがありました。
旅行はほとんど行かないのですが、アッシジには行きたいと思いました。

しかし、フランチェスコ役のひとは歌が上手かったです(^ ^)
あんなふうに歌いたいと思っていました。
エゴを捨て、ただ神のために歌うこと。
お手本です。

ぼくには、あのような厳しい生き方は無理ですが、素晴らしいと思い憧れます。
どう生きようと、神のみ旨の中で生きてることにかわりはないけど、ほんの少しだけでも、あのような純粋な生き方に近づけたらと思います。


明日、10/26(金)18:30から満月~音楽と瞑想の会を開催します。(\1500)よろしければ、いらしてください。(詳細 http://www.realing.com/)

また、10/28(日)スピコンhttp://tokyo.spicon.org/でライブを行います。(16:00~17:30)お時間ありましたらこちらもどうぞ。


今日一日の糧に感謝。そして、素晴らしい一日に感謝。



未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

女の子

先日、冷え込み始めた夕暮れのある駅で、おまわりさんが二人、3歳くらいの女の子に話しかけてました。
女の子はスキーウェアを着てひとりで通路のはじに立っています。そばにはビニール袋がふたつ置いてあり、女の子はその端を握っています。
おまわりさんが話しかけても返事をしないようです。くちを堅く結んで前を見ています。
中年の女性が遠巻きに見ています。「可哀想に…」というふうです。

僕はその様子を、振り向き見ながら、エスカレーターで上の階にのぼってゆきました。

「捨て子…。」

気になって引き返して様子を見てみました。
おまわりさんは、ずいぶんとやさしい風です。

女の子が話をしてくれないので、袋の中を見ていいかと聞いて見ています。
どうやら女の子のものでしょうか、衣類が入っているようでした。

女の子の気丈な様子が余計いじらしく、胸が痛みます。

もしかして捨て子だったら…。
ぼくにできることは何もなく、時間もなかったので、その場をあとにしました。

あれから、あの子はどうなったのか…。
お母さんが戻ってきてくれて、いっしょにお家にかえれたかな…。

ちょっと心が、沈んでいます。

願わくば、あの女の子に、神様のお恵みがありますように。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

弾語り発表会&ライブ

明日(というか今日)弾語り教室の発表会とぼくのライブがあります。
もう3年ほどやっている教室ですが、音楽を楽しむということをテーマに続けています。
生徒さんは年輩の方も多く、ほんとうに音楽を楽しんでいるのが伝わって来ます。
厳しい修行の先にある、選ばれた人だけの世界とは全く別な、むしろ音楽の本来の姿があるような気もします。
僕も楽しんで演奏します。
お時間のある方是非いらしてください。
詳細はホームページで。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あかちゃん

今日電車の中でとなりに、2、3ヶ月のあかちゃんを抱っこしたお母さんがすわりました。あかちゃんは、抱っこ紐で前に抱えられています。
暖かかったので、小さな素足が見えています。
小さな手、かわいい指、まだお話は出来ないけど、お母さんを見つめて、口をもごもごさせています。もう少しでお話できるようになりそうです。
お母さんはあかちゃんのおててを握ったり、ほっぺをつついたり、幸せがあふれています ふたりを見ていたら、なんだか自然に涙が出てきてしまいました。(^ ^;
とても幸せそうなエネルギーに触れたからでしょうか。
 そして、うちの子供たちが小さなあかちゃんだった頃のこと思い出しました。
そう、こんなふうに、抱っこしたり、触れたり、抱き締めたりしたなあ…。
 そこには、ただ愛がありました。(^ ^)

そんな愛の体験ができたこと、本当にありがたいことです。
すべてに感謝。
(写真は僕と妹、母)20071008014916.jpg


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。