KENYU/ケンユーブログ

音楽と心をテーマに活動しているKENYU/ケンユーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「ブラザーサン・シスタームーン」

映画「ブラザーサン・シスタームーン」を見ました。
1973年の作品で、見たいと思いながら34年越しでやっと見ることができました。
これは当時結構話題になった映画で、5、6年前にレンタルビデオで探したら廃盤と言われ諦めていました。
しかし最近DVDになって再版されたようです。
僕にとっては、この時期に見ることに意味があったようです。

この映画は聖フランチェスコの物語りです。
アッシジの名家に生まれたフランチェスコが、家も名誉も捨て、着ていた衣服もすべて父親に返して、裸で野にでるのでした。
そして、たったひとりで荒れ果てた教会を建て直してゆきます。

真冬の雪の中、崩れ落ちた教会で、ひとり裸足で石を積んでいきます。
今日の糧さえ分からないのに、神を信じ、ただ祈り生きて行きます。
ただ信仰のみがそれを支えているのです。

彼の姿に心打たれ、少しづつ仲間が増えて行きます。
やがて再建された教会に、たくさんの人々が訪れるのでした。

小鳥たちのように、神の恵みの中に、ただ質素に生きること。
聖フランチェスコの祈りはとても心にしみます。


映画はとても象徴的で示唆的でした。
そして、とても深いメッセージがありました。
旅行はほとんど行かないのですが、アッシジには行きたいと思いました。

しかし、フランチェスコ役のひとは歌が上手かったです(^ ^)
あんなふうに歌いたいと思っていました。
エゴを捨て、ただ神のために歌うこと。
お手本です。

ぼくには、あのような厳しい生き方は無理ですが、素晴らしいと思い憧れます。
どう生きようと、神のみ旨の中で生きてることにかわりはないけど、ほんの少しだけでも、あのような純粋な生き方に近づけたらと思います。


明日、10/26(金)18:30から満月~音楽と瞑想の会を開催します。(\1500)よろしければ、いらしてください。(詳細 http://www.realing.com/)

また、10/28(日)スピコンhttp://tokyo.spicon.org/でライブを行います。(16:00~17:30)お時間ありましたらこちらもどうぞ。


今日一日の糧に感謝。そして、素晴らしい一日に感謝。


スポンサーサイト

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<スピコンライブ完了。感謝! | HOME | 女の子>>

この記事のコメント

10月26日は梅僧院でたっぷり1時間半瞑想したんですか?瞑想ってやたらにやると怖いって聞いています。特にお墓のある僧院でやったら、死者の霊がいっぱい遊びに来て取り憑かれそうですね。KENYUさん、大丈夫でしたか?それとも、もう遅い?
2007-10-27 Sat 11:45 | URL | Atsushi #-[ 編集]
梅窓院のあの部屋(講堂)は1年半くらいボイスヒーリングで使ってすっかり浄化されているみたいです。
参加してくれたチャネラーやサイキックの友人も、とても素晴らしいエネルギーの部屋だと言ってくれています。
また、ボイスワークをしていると、よく天使の声が聞こえます。特殊な人だけに聞こえるというのでもなく、何人もの人が聞いたりするので、多分歌が好きな天使が遊びに来ているのだと思います。

あるとき、部屋のどまん中に、ふわっと羽根が落ちていました。3月の下旬だったので、だれかのダウンではないし…。
何かの本に、天使が来てサインを残しておくことがあると書いてあったので、きっと天使が来たのではないかと思っています。
(07/3/26のmixi日記参照)

瞑想は集まる人のエネルギーがとても大切なようです。エゴを脇におき、センタリングして、天とつながって行くことができれば、恐れることはないでしょう。


2007-11-07 Wed 15:08 | URL | KENYU/ケンユー #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-10-12 Tue 20:25 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。