KENYU/ケンユーブログ

音楽と心をテーマに活動しているKENYU/ケンユーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チベットの暴動 2008年03月19日の日記

チベットで暴動がおこっています。
100人もの死者(中国政府による虐殺も含め)があったという情報も流れています。
そもそも、中国がチベットを占領していることが違法であり不当なことなのですが、中国の「チベットは不可分な中国の領土である」という立場はいつもながら腹立たしい限りです。

中国4千年の歴史と孔子孟子の教えをはじめとする高い精神性は、どこに行ってしまったのでしょう。

youtubeで暴動の様子がみられますが、中国ではyoutubeを遮断しそのような映像が中国国内で見られないようにしたらしいです。
http://jp.youtube.com/watch?v=WF1G_11qzxI&feature=related

中国に民主主義がないことは誰でも知っていることですが、中国はそれを改めるつもりなどさらさらないだけでなく、民主主義国家だと強弁しています。

以前中国の留学生と話す機会がありましたが、
「中国ではテレビのインタビューで本音を言う人など一人もいない、たとえ日本でインタビューされても、中国政府の非難など本音をいったらたちまち、秘密警察が来て連れ去られてしまう。」
ということでした。
なんと恐ろしい。

陰では、政府に対し不平不満をいっているが、表立って声に出すことはできないとは、北朝鮮と同じだということです。

こんな国でオリンピックを開催するということが大変問題だと言うことは、当初からわかっていたはずなのですが。
中国のオリンピック開催を知ったときは「え?うそだろ?オリンピック委員会は何を考えてるの」と正直びっくりし、憤りを感じました。

このまま暴動が続くようだとオリンピックの開催にも影響があるでしょう。

暴動がさらに拡大し、死者が1000人でたとしても中国がチベットを手放すことなど決してないでしょう。
そんなことは、デモをしている人たちはみな分かっているはずです。
にもかかわらず、抗議行動が続いている。その意味を考えてみる必要があると思います。

以前見た映画「チベット、チベット」を思い出しました。
中国の弾圧を逃れ、冬のエベレストを越えてインドのダライラマのもとへ亡命してくるチベットの人々。
中国国境警備隊の警備が手薄になる冬に、しかも夜、徒歩でエベレストを越えて行くのだといいます。
もちろん命がけです。途中で凍死する人もいます。
しかし、そんなにまでしても「自由」を手に入れたいのです。
映画の中でダライラマが命がけで亡命して来た人たちをねぎらうシーンがありました。
亡命者は今まさに到着したといういでたちで、ダライラマの言葉を聞いています。感激に涙を流している人もいます。

抗議行動をしている人たちのやむにやまれぬ思い。
命をかけて自由をとりもどそうとする人たち。

日本も国際社会も彼らをサポートしてあげることが急務だと思います。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祈り~チベットの暴動で亡くなった方々のための 2008年03月20日の日記 | HOME | イタリアンパセリ復活>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。